スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の更新でーす☆

「家電えもん」はOSaxさんがお隠れになったため、しばらくお休みします。

再び世を家電熱が覆うとき、再臨されると存じ上げ奉る次第なので、
その際は、またよろしくお願い致します。

なお私、武市が新たにぶち上げたブログはこちら↓
http://akairomegane21.blog3.fc2.com/

スポンサーサイト

Dは、ドーナツのD♪


情報家電アドバイザー検定、合格!
自分で問題を書いて、Web上にオリジナルの検定が作れる、yahooみんなの検定。
そこで、なんと「情報家電アドバイザー検定」なるものを発見!
家電えモん唯一の家電アドバイザーとして、これを受けぬと男がすたるわ!ってわけで受験…
…結果、10点満点中9点でなんとか合格…ふう、危なかったぜ

最後の、ラジオの周波数の問題でミスってしまいました。
ってか、ラジオの周波数は情報家電にあたるんですかね?
余談だけど、地デジと時を同じくして、ラジオもデジタル放送に移行する計画だったんですが。
地デジほど切り替えのことを認知してる人がおらず、この話は結局流れてしまいました…

そういうわけで、インターネットから誰でも受験できるんで。
情報家電に自信のある人もない人も受験してみて!
「情報家電アドバイザー検定」


個人的には、全問ここで解説したいんだけど、そんなことするとネタバレ(というか検定の意味がなくなる)
になってしまうので、断腸の思いで今日のエントリーはここまでにします。
解説は近く、追記ですることにします!
(OSaX)


うおおおおおぉ!不合格じゃあ!!
家電マンガなど描いてるボクにして、6/10点しか取れませなんだわぁ!
解きながら「そんなに難しくないわあ…楽勝や」とタカをくくっていたら、このザマ…。

一番悔しかったのはCC●の問題を間違えたことです。
ケアレスミスして、高校の時分を思い出してしもた…(;;

6点しかとれないなんて、ホンマ家電マンガ家失格じゃあ~!
皆の期待を裏切ってしまった…。こりゃ切腹モノですね…。

…でも描くっ!!
(武市・F・ぺえ太)


皆さんも解答した後、コメント欄で点数をぶちまけてみよう♪
そして、OSAXさんを質問攻めにしよう!!



キャラクター紹介:ビッグガメラ編

キャラクター紹介、略してキャラショーの第二回は主人公K'助くんの直属の上司(?)である「ビッグガメラ」です!


↓第二話より抜粋。雄叫ぶビッグガメラ。
big_2

彼は日本でも有数の規模を誇る総合商社、エレキ物流(株)の営業五課を取り仕切る課長であり、同課の山田K'助や淀橋石丸、桜屋ミドリの上に立つ存在です。

しかし、彼の獰猛かつ単細胞で、自己中心的な性格のせいか、彼を慕っている部下はいるようで、いません。
自宅の古くなった家電(故障したものも)を無理矢理部下に受け取らせたり、眼についた部下の家電製品を取り上げて返さなかったりと、わがまま放題、好き勝手に振る舞っています。
セクハラを執拗に繰り返しているため、女子社員全員に避けられてもいるとか…。


社内ではいろいろなあだ名を付けられていることでも有名です。
一般的には「ビッグガメラ」と呼ばれていますが、一部の部下からは影で「バーコードバトラー」と、懐かしい対戦型ゲーム機の呼び名で呼ばれています。(知らない人は是非ググってね♪)
ちなみに、彼の本名を覚えている社員は会社には既にいません。本人も少し記憶が曖昧な所があるようです。

さて、彼の会社での業務ですが、営業五課は社内でも窓際中の窓際で、特にやることもありませんし、させても貰えません…。
日がな一日マウスでダブルクリックし続けたり、頭に浮かんだフェイバリットミュージックのリズムに合わせてキーボードをカチャカチャ叩いています。
最近ではニンテンドーDSにハマっているらしく、脳トレなどを盛んにプレイしているとの噂です。


↓ニンテンドーDSをプレイするビッグガメラ。すぐに下の画面が痛む。
big_1

そんな、どうしようもない彼ですが、作者には良い所もきっとあると思えて仕方ありません。
いつか彼の魅力が、紙面いっぱいに満開の花を咲かせる日がくる気がしないでもない…という気が致しかねます!?
(武市・F・ぺえ太)

第2話 ヤレ飛び出せ!3Dデジカメ

本編第二話です。

2_1

2_2

2_3

2_4

2_5

2_6


やっとこさ完成しました…(疲
本編2話目はナンと、今巷を騒がせている富士フィルムの3Dカメラ「FinePix Real 3D」です。

家電えモんが劇中で言っている通り、実はこの製品、まだ市場に出回っていません!
文字通り「未来の家電」なんですね~…コレが。

製品名はメーカーHPを参考にして、仮につけさせてもらいましたw
来年度中のリリースを目指しているそうなので、実現される事を祈るばかりです…。
まぁ、未来は変わることもあるからね…♪

デザイン、その他の情報も富士フィルムさんのサイトを参考にして描かせて頂きました。
製品本体のデザインはこちらで簡略化し、機能も大幅に限定して紹介しています。本物はもっといろいろデキル、カッチョいい新世代デジカメなんですヨ~!!詳しくは下に。

・漫画について

今回も吹き出しに対する文字の密度が半端じゃないですね(^^;
自分でも、モノッスゴイ読みにくいですw(特に3ページ目が…)
でもまぁ、これが「家電えモん」だからええかぁ…てなもんで、開き直っちゃお♪

裸眼で立体的に見える仕組みについて、もっと詳しく、ギャグなど軽く交えながら、まったりと説明したかったのですが、やりすぎると科学漫画になってしまうとの懸念があり、泣く泣く断念しました。
皆様、あのゾンザイのコマで、何となくでもイメージを掴んで頂けましたでしょうか?

ボクは家電が好きなので、「家電えモん」を執筆する時は、結構楽しんで描いてるのですが、読み返してみると面白いものが出来たのかどうか、実はよく分かりません(汗

家電の好きな方、そうでない方にも、この漫画に対する感想や意見を是非とも聞いてみたいと思っております。
一言でもコメント欄に感想を書き残して頂けると、すんごく嬉しいデス!
今後の参考にさせて頂く為にも、どうかご協力お願いします~!!

(武市・F・ぺえ太)


おまちど~!
家電えモん第二話はなんと3Dデジカメ、シャッターを押すだけで写真が3Dでとれてしまう…って
まさにミライの家電じゃないですか!(最近ミライっぽい家電ばっかりに走り過ぎてる気もしますが…)

このFinePix3Dどうして立体的に写真が撮れるかというと、人間の目のもつ両眼視差という性質を利用しているからなんです!
ウインクするように右目と左目を交互に開けると、見てる景色が少し変わりますよね。机の上に置いてある物とかが、左に右にピョコッと動いて見えると思います、逆に遠くの景色なんかは動かない。右目と左目の距離に応じて近くの物は見え方が大きく変わるけど、遠くの物ほどその距離に対して見え方が変わらない。これが両眼視差です!人間はこの右目と左目の見え方の違いから、脳の中で見た物の立体感を作り出してるんです!
ためしに、片目をつぶった状態で鉛筆立てなどに立てた鉛筆の先とかに触ろうとしてみてください。両目を開けてやるときより難しいはずです

さて、人間が立体を感じる仕組みがわかったと思いますが、FinePixも同じです。
このカメラを正面から見ると、他のカメラと違いレンズが二つ並んでいます。
なんか、このカメラがヤラシイ目つきにをしてるように見えます…猿の仲間(当然人間も)は二つ並んだ点を見ると顔に見える本能があるそうです)
この二つのレンズが、ずばり右目と左目と同じような距離で配置されていて、視差のある写真を2枚撮ります。
ここまでの仕組みは分かりやすい、次はなぜそれをモニターで立体的に表示できるかですが
このカメラの画面の表面には非常に細かな、洗濯板のような山折り谷折りの構造が並んでいるんです、レンチキュラーっていうんですけど
このレンチキュラーのおかげで、画面を正面から見ると、右目には山折りの片面、左目にはもう片側しか見えなくなります。
つまり液晶画面に山折りの片側の位置にぴったり合うように右目用と左目用に撮った写真を交互にスライスして表示してやると
一つの画面なのに右目と左目では違う絵が見える!それは右目と左目の視差のある画像!というわけで、あとは脳がかってに立体的に感じてくれます。
ちなみにこのレンチキュラー、助手席と運転席で違う画面の見えるカーナビとか、ぱたぱた傾けると絵が動く定規(お土産物によくある)なんかにも使われてて、とっても面白いので、興味のある人は調べてみてね!

あと、石丸君のもってたデジタルフォトフレーム、ソニーのS-Frameってやつで
最近人気のある弟子たるフォトフレーム(デジカメで撮った写真を飾っておける液晶画面付きの写真立て)
の中で一番オススメです、残念ながら3Dは無理ですけど…

あと、最後に家電えモんが使ってるデジタル双眼鏡
これは双眼鏡にデジカメが付いていて、覗いてる風景がそのまま写真に撮れるという優れもの…
なんですが、デジカメとしても双眼鏡としても中途半端で、二頭を追う者なんちゃになってって
あまりオススメできません。
(OSaX)

「家電えモん」では、今後も様々な家電を漫画と記事で取り上げて行きます!
あの家電を紹介して欲しい!この家電知ってますか?こんな家電買いました!という情報や、
ご意見、ご感想、家電に関する質問をComment欄にて大絶賛募集中(?)です♪



↓ブログランキング参加中につき、クリックで応援よろしくお願いします!ゼヒッ!

ブログランキングへ




ソニーのS-Frameはオススメですよ~♪ デジタル双眼鏡は珍家電フェチな貴方に♪(^^;

来て見て触って! iPhone

081030_iPhone.jpg
お父さんも使っているiPhoneという訳で、「ぜひiPhoneを取り上げて!」という熱い声に答えて(誰かは秘密だけど、無茶振り)
もう僕がわざわざ紹介することもないんですが、本日の家電えモんはiPhoneの紹介です!

iPhoneを開発したのはMacやiPodで有名なアメリカのApple社
Appleは昔からユーザーインターフェイス(操作画面)の開発では定評のある会社。
それまでコマンド入力だけだったパソコンの操作(映画の中でよくハッカーがやってる感じ)に
マウスを使って操作する、といういまや当たり前の操作画面を持ち込んだのも何を隠そうAppleなんです

で、そんなAppleの作った携帯iPhoneは、とにかく使っていて気持ちいい!
よく「使いやすい製品」という言い方はきくけど、そうじゃなくて、使っていて気持ちいい製品。
残念ながらこの操作感は、実際に触ってみないと分からないと思う。
実際僕も「ふーんメディアで騒いでるけど、携帯ねぇ」ってイメージだったけど、いち早く購入した友達に触らせてもらったら病みつきになって、ついに自分で買ってしまった(電話機能のないiPodTouchだけど)
ブログの文章で伝えられるもんじゃないから、ソフトバンクのお店に行くなり、
持ってる友達から借りるなりして触ってみてね!以上、本日の家電えモんでした!

で、終わるわけにもいかないので、iPhoneを触りにいく心構えというか見所をご紹介します。
まず、iPhoneは本体の表のほとんどが画面で出来ていて、指で直接触って操作します
タッチスクリーンというと、ピッ、ピッと操作する銀行のATMや本屋の検索端末を思い浮かべるけど
iPhoneのそれは、指一本で抑えるだけじゃない!
指2本で画面をつまむように操作すると、見ている写真やWebページを拡大縮小できたり、
画面の上を軽く指で弾くと、音楽やアドレスのリストをスクロール出来たりします。
この操作感がすごく気持ちいい!何ていうか実際に手のひらに写真やメモ帳があってそれに直に触っているような感覚になります
メールのリストをスクロールするときも、指で弾くとリストが氷の上に乗ってるようにツーと滑り出します、で、最後まで行き過ぎたときはゴムがついてるかのごとく、ちょっと行き過ぎてから戻ってくる。
もう今まで携帯電話で十字キーをカチカチやりながら「次のページへ」とかやってたのが馬鹿らしくなってきますよ

iPhoneワンセグがどうのとか、着うたがどうのとか、カメラとか、他の携帯会社が宣伝してるような機能について説明しだすとたいしたことないんだけど、そんなこと、どーでもよくなってしまうくらい触ってて気持ちいい携帯です。

こんなに擬音や感覚てきな言葉を使った記事は初めてだけど、それくらい気持ちに訴えかけてくる家電です!って、これ家電でいいんだっけ?

↓ブログランキング参加中、クリックで応援よろしくお願いします↓
ブログランキングへ

巻ける家電

家電を衝動買いしたのはいいが、置くところが無い…とお困りの
全国の家電ファンのみなさん、こんばんはOSaXです。
「そうだ、家電も携帯みたく二つ折りにできればいいんだ!」くらいの思いつきでは、まだまだ頭が固いです。本日はそんな固い頭も柔らかくしてしまう、巻ける家電の紹介です!

山野楽器ハンドロールピアノ61K-II

ハンドロールピアノ61K-IIは、なんと本体をくるくる巻くことのできる電子ピアノです。
どういうことかと言うとこのピアノ、鍵盤部分が柔らかいゴムのマットで出来ていて、本体をくるくると丸めて収納することばできるんです!もちろんこの電子ピアノなので弾けばちゃんと音も出るし和音だって押さえることも出来ちゃいます。

他の紹介サイトには「くるくると丸めれば、鞄にいれて何処へでも持ち運びが出来ます」と紹介されてます。僕の感覚では、いったい誰がピアノなんか持ち歩くんだ?と思ってしまいますが。バンドでキーボードをしている友達が「1日練習サボったら、取り返すのに3日かかる!」と言っていたのを思い出しました。以外と需要はあるのかもしれません。彼なら旅行にだってこのピアノを持って行ってくれることでしょう。

巻ける柔らかキーボード
↑ちなみに、似たような物に、巻けるキーボードもあります。
(OSaX)


まけてくれるのはヤッパリK's電気。
皆さんも家電を買うときに、ちょっとでもまけてもらえると嬉しいですよね~♪♪

え、巻ける…家電!?
家電を巻くと宣うから、ホットカーペットのことかと思いきや、なんとキーボード!
電子楽器も巻く時代になったんですね…しみじみ。

…てなわけで、今日はこの巻けるキーボードを使ったナイスな演奏法を提案しちゃうぞ!

1.体中に巻けるキーボードを隙間無く巻いていく。ピアノミイラ男になるまでw
2.メロディを計算して小石をコースに置く。
3.満を持して、そのまま路面を転がる!奏でる!
4.もちろん曲はビリー・ジョエルの「ピアノマン」で決まり!

ピアノマン♪
出た。人間オルゴール!!
新時代のミュージックパフォーマンスや…!

さらに、足マットにすれば、机で別の作業をしながらの演奏も可能ですねw
どんなに忙しくて、心がささくれ立ったときでも、美しいキーボードの音色が貴方を癒してくれるでしょう~♪
(武市・F・ぺえ太)



硬式より軟式が好きなあなたにお勧めの一品! 腹巻きにすっと、満員電車で迷惑千万ッ!


 | HOME |  »

プロフィール

武市・F・ぺえ太

武市・F・ぺえ太

作・絵

24歳♂

期待の家電:DIGA

家電占い:ワープロ

経歴:某家電量販店Mでバイトの経験あり

OSaX

OSaX

監修・家電アドバイザー

23歳♂

期待の家電:ヘルシオ

家電占い:スピーカー

趣味:電量販店巡り

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

管理人にメール

オリックスバッファローズの公式ページへ 家電えモんはオリックス・バッファローズを応援しています

クリックで応援よろしくお願いします。
ブログランキングへ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
[ブログ王ランキング]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。